遅い社会人デビュー

最終更新: 2019年9月18日


遅い社会人デビュー!まず最初に始めたお仕事は、WEBデザインを制作担当する仕事でした。しかもHPの作り方もほとんど知らず、0からのスタートです。独学で色々学び、次第に経験値も上がり、WEBマーケティングも始めたり、売り上げに貢献できるサイトを制作し、チーフとして数年間勤めました。その後は、どうしてももっとグラフィックデザインの仕事がしたい思いが強くなり、デザイン業を行なっている会社を見つけ、その会社へ一時的にお世話になりました。その中で、自分仕事を始めたい気持ちや家業を手伝う事、将来どんな方向へ進みたいのか改めて自分と向き合い、いろいろ考えていた最中、ふと見た求人で、将来的に教える勉強もしたいと思う気持ちが急浮上し、デザイン関連の教育現場で仕事をする事になりました。大勢の前に立って話すこと、教えること、多くの学生とのコミュニケーション力など様々な事を学びました。苦手意識の強かった事へあえてチャレンジした感じです。学生と関わっていくうちに、教員として、学生が徐々にいろいろな事を学び、成長していく姿を見るのがとても楽しく、学生全員が可愛い我が子の様に感じてしまう自分にもびっくりしました。

  しかし、その反面、1、2ヶ月休みなく仕事が続く時期もあり、毎日がビックリするぐらい忙しい生活になってしまいました。帰宅時に携帯残量が96%程度、ニュースやテレビを見る事も私の生活から消えていきました。家に帰っても座ると疲れがドッと出てしまうので、寝るまでは一度も座らない生活をしていました。そんな中、上司から笑顔で言われた一言が、”忙しいの好きでしょ?”。この瞬間、その言葉にすごい違和感を覚えたのを今でもはっきりと覚えています。”え?私忙しいの好きだったっけ?”と言う思いが心の中で渦を巻き始めました。私は元々、忙しいとやる気がUPしてしまい、やってやろー!っと変なスイッチが入ってしまいます。周りから見るとすごく楽しそうに仕事をしているように見えるそうです。実際、どんな業務も楽しく行うのが自分のモットーだったので楽しくやらせていただきましたが、上司からすると”だからみんなから仕事頼まれるんだよ”と。。。仕事のない日曜日には、スイッチが切れたように、何もできないほど疲れ切っている自分に気付くようになりました。私は何をやってるんだろう?自分の時間もないじゃないか?体が疲れ過ぎていて結局何もできない。。。そんな生活に終止符を打つ事を決めました。




続く